オンジールでモデルデッサン

アトリエオンジールでは不定期にモデルさんを呼んでデッサン会をしています。
去年末はネパール人の彼女をスカウトし、モデルさんをしてもらいました。
日本人と違う骨の形でみなさん苦労していましたが、良いところは構造がはっきりしているところ。
  
会員さんたちもかなり真剣に楽しんで描いていました。
このモデルデッサン会はオンジール会員の方以外も参加可能ですので
参加したい方があればメールやお電話でお気軽にご連絡ください。
日時は不定期ですので、ご連絡先を教えていただければ開催する際こちらからご連絡いたします。

週末授業について

現在、授業は火曜日10:00〜、14:00〜、20:00〜
水曜日の10:00〜、20:00〜がありますが、
週末に開けてほしいと言う要望があり、月3日程度不定期で土、日のどちらかを開ける日が増えてきました。
土、日受講される場合は、今のところ個人授業か週末3回券をお使いいただいています。
詳しくは080ー4432ー9351までお気軽にお電話ください。
またアトリエを見学したい方もお気軽にどうぞ。

第8回オンジール展覧会

こんにちは。今年も芸術の秋がやって来ました。
毎年展覧会をやるごとに会員さんらの力が上がっている気がしています。
描きたい対象の選び方もそれぞれ個性が出て来た感じがします。

今年は、デッサン、テンペラ、油絵など17名30点ほど展示予定です。
ぜひ会場で個性あふれる作品たちをご覧ください。お待ちしています。

第8回アトリエ・オンジール展覧会
2019年 10/18(金)〜20(日) 10:00〜17:00
場所 名田町5−95−12 岐阜新聞・岐阜放送ひだ高山総局 1F「飛騨國プラザ』

暑中お見舞い申し上げます


あづい〜〜〜皆さん生きてるか〜?
てな訳でここ高山は通常ならば夜は涼しくなって窓を開けて眠れるのですが、今年は無理。
暑くて暑くて、そして暑いです。ね。
さてさて。
高山より暑いとされる愛知ではあいちトリエンナーレ始まっていますね。
今年は「情の時代」ということで、芸術監督である津田大介氏がコンセプトを書いておられます。⇨コンセプト
皮肉なことに今回の騒動(「表現の不自由展・その後」の取りやめ問題)を予想したかのようなコンセプト文ですが、
私としては騒動が起こったことにより、もう一度「アートとは何か」を考えるきっかけになりました。
大きな意味での「アートとは何か」もありますが、自分にとっての「アートとは何か」も考え始めています。
(、、、と、ここで、色々書き出したが、止まらない、、、今回は思いを書かず一旦寝かせる事にしよう、、消し消し、、)

何はともあれ、今回の騒動もですが、アーティストの男女比を一緒にするなど、別の方角からも、いつも以上にアートに目を向かせてくれた、あいちトリエンナーレ、津田大介氏、応援しています!
暑さも落ち着いたら、私も思い腰を上げて愛知まで行ってみようかしらん、、、
皆さんもいかが?
それでは皆さん、熱中症に気をつけつつ、もう少しの夏を味わいましょう〜。

Scroll to top